国内外ニュース

ガザで衝突、4人が死亡 イスラエル軍が発砲

 6日、パレスチナ自治区ガザのイスラエルとの境界付近で負傷したデモ参加者ら(ロイター=共同)  6日、パレスチナ自治区ガザのイスラエルとの境界付近で負傷したデモ参加者ら(ロイター=共同)
 【カイロ共同】パレスチナ自治区ガザのイスラエルとの境界付近で6日、パレスチナ人の若者ら約1万人による反イスラエルのデモがあった。イスラエル軍はフェンスに近づいたデモ隊に催涙弾や実弾を発砲し、ガザの医療当局によると4人が死亡、約250人が負傷した。

 イスラエルが建国され、大量のパレスチナ人が故郷を追われて難民となってから5月で70年となるのを前に、情勢が緊迫している。ガザでは3月30日にも、パレスチナ難民の帰還実現を求める大規模デモがあり、イスラエル軍の発砲などによりパレスチナ人15人が死亡、1400人以上が負傷した。

(4月7日0時56分)

国際(4月7日)