国内外ニュース

米、ロシアに追加制裁 実業家ら24個人14企業

 トランプ米大統領(ゲッティ=共同)  トランプ米大統領(ゲッティ=共同)  ロシアのプーチン大統領(左)と歩くアルミニウム企業「ルスアル」のデリパスカ社長=2017年11月、ベトナム・ダナン(タス=共同)  ロシアのプーチン大統領(左)と歩くアルミニウム企業「ルスアル」のデリパスカ社長=2017年11月、ベトナム・ダナン(タス=共同)
 【ワシントン共同】トランプ米政権は6日、シリアへの武器売却や米国へのサイバー攻撃などを理由に、ロシアの実業家ら24個人と14企業に制裁を科すと発表した。米財務省は、ロシアによる「世界の広範囲にわたる悪質な行為」を非難した。制裁対象はプーチン大統領に近い「オリガルヒ」と呼ばれる実業家を含む。相次ぐロシアへの制裁で、両国関係のさらなる悪化は不可避だ。

 米財務省は、ロシアがアサド政権への武器売却でシリアを不安定化させ、ウクライナのクリミア半島の支配を続けていると指摘。2016年の米大統領選介入を念頭に「西側諸国の民主主義を転覆しようとした」ことも批判した。

(4月6日23時05分)

国際(4月6日)