国内外ニュース

50年前に新生児取り違えか 順天堂医院、HPで公表

 学校法人順天堂は7日までに、運営する順天堂大順天堂医院(東京)で約50年前、生まれた赤ちゃんの取り違えが起きた可能性が極めて高いとホームページ(HP)で発表した。本人と母親のDNA鑑定で親子関係が存在しないと判明し、謝罪したという。一方、取り違えた相手方は保存していた当時のカルテでほぼ特定できたが、現在の平穏な生活を考えて伝えないことにしたとしている。

 順天堂によると、当時は出産後、助産師が沐浴室に連れて行き、赤ちゃんの足裏に母親の名前を記す方法を取っており、この際に取り違えた可能性があるという。

 一部週刊誌で報道されたため、経緯を公表したと説明した。

(4月7日1時20分)

社会(4月7日)