国内外ニュース

ネット広告規制法案を支持 ザッカーバーグ氏

 フェイスブックのマーク・ザッカーバーグCEO(ロイター=共同)  フェイスブックのマーク・ザッカーバーグCEO(ロイター=共同)
 【ニューヨーク共同】米交流サイト大手フェイスブック(FB)のマーク・ザッカーバーグ最高経営責任者(CEO)は6日、米議員が超党派で提出したインターネットメディアの政治広告規制法案について、支持を表明した。

 ザッカーバーグ氏は10、11の両日、FBの利用者の個人情報が英政治コンサルティング会社により不正利用されたとみられる問題で米議会の公聴会に出席する予定。法案への支持を表明し、議会との関係改善を図っているとみられる。

 法案はロシア政府による米大統領選干渉疑惑を受けたもの。

 ザッカーバーグ氏は自身のFBで「われわれにとって選挙干渉は最大の問題だ」と述べた。

(4月7日8時37分)

経済(4月7日)