国内外ニュース

NBAカリーら東京五輪候補入り 米バスケ協会発表

 米国バスケットボール協会は6日、2020年までの男子代表候補35人を発表し、米プロNBAのステフィン・カリー(ウォリアーズ)、レブロン・ジェームズ(キャバリアーズ)、ラッセル・ウエストブルック(サンダー)らスターが勢ぞろいした。19年W杯中国大会、20年東京五輪に出場する12人はこの中から選ばれる見通し。

 リオ五輪での米国の3連覇に貢献したメンバーからはケビン・デュラント(ウォリアーズ)ら11人が名を連ねた。

 NBAでスパーズを5度の優勝に導き、東京五輪でチームを指揮するグレグ・ポポビッチ監督は「名誉であり、身の引き締まる思い」と述べた。(共同)

(4月7日8時47分)

国際大会(4月7日)