国内外ニュース

水陸機動団発足で式典、長崎 離島防衛を強化

 離島防衛の専門部隊「水陸機動団」の発足式典で、青木伸一団長(右)に隊旗を授与する山本朋広防衛副大臣=7日午前、長崎県佐世保市  離島防衛の専門部隊「水陸機動団」の発足式典で、青木伸一団長(右)に隊旗を授与する山本朋広防衛副大臣=7日午前、長崎県佐世保市
 陸上自衛隊は7日、長崎県佐世保市の相浦駐屯地で、新設された離島防衛の専門部隊「水陸機動団」の発足式典を開いた。中国が領有権を主張する沖縄県・尖閣諸島を巡る緊張の高まりを背景に、南西諸島の防衛力を強化するのが狙い。本格的な水陸両用作戦を行う初の部隊で先月下旬に発足した。

 隊員ら約1500人が参加した式典で、山本朋広防衛副大臣が青木伸一水陸機動団長に隊旗を授与。山本副大臣は、小野寺五典防衛相の訓示を代読し、離島防衛の重要性を強調したほか、陸自のイラク派遣部隊の日報隠蔽問題にも触れ「大変な危機感を持っている。基本動作を徹底してほしい」と述べた。

(4月7日11時16分)

社会(4月7日)