国内外ニュース

津波被災再建へ、小中一貫で開校 宮城・閖上「地域と歩む」

 閖上小中学校に移された慰霊碑を訪れた丹野祐子さん=7日午後、宮城県名取市  閖上小中学校に移された慰霊碑を訪れた丹野祐子さん=7日午後、宮城県名取市
 東日本大震災の津波で被災し、内陸部に移転していた宮城県名取市閖上地区の小学校と中学校が7日、小中一貫の市立閖上小中学校として新たに開校した。139人が通う予定で、教育と町の再建に一歩を踏み出した。

 閖上小中学校は従来の六三制の学年の区切りを変え、9年間の教育を一貫して行う「義務教育学校」。開校式には地域住民を含む約700人が参加し、9年生の南部陽向さん(14)は「震災から7年がたって大好きな閖上に戻れました。復興に向け地域の人と歩んでいきたい」とあいさつした。

 開校に合わせ、津波犠牲の旧閖上中生徒14人の慰霊碑が、資料館から、閖上小中学校に移された。

(4月7日18時10分)

暮らし・話題(4月7日)