国内外ニュース

元ブラジル大統領を収監 収賄罪、返り咲き絶望的

 籠城先を出る元ブラジル大統領のルラ被告=7日、ブラジル・サンパウロ州(ロイター=共同)  籠城先を出る元ブラジル大統領のルラ被告=7日、ブラジル・サンパウロ州(ロイター=共同)
 【リオデジャネイロ共同】1月に収賄罪で禁錮12年1月の二審判決を受け、収監のための裁判所の出頭命令を拒否していた元ブラジル大統領のルラ被告(72)が7日、籠城先のサンパウロ州にある労働組合本部ビルから警察に連行された。空路で南部クリチバに移送、警察施設に収監された。10月の大統領選に出馬し返り咲きを目指す意向だったが、ほぼ絶望的となった。

 出身母体の労組本部に2晩にわたり籠城していたルラ被告は連行前、集まった大勢の支持者の前に姿を見せ「私は隠れない。自らの潔白を証明する」と訴え、出頭する意向を示していた。

(4月8日11時11分)

国際(4月8日)