国内外ニュース

大飯4号機に核燃料装填開始 11日までに193体、関電

 関西電力大飯原発4号機=2018年1月、福井県おおい町  関西電力大飯原発4号機=2018年1月、福井県おおい町
 関西電力は8日、大飯原発4号機(福井県おおい町)の原子炉への核燃料装填作業を始めた。11日までの4日間で計193体を入れ、5月中旬の再稼働を目指す。

 関電によると、作業は24時間態勢で実施。使用済み燃料プールに保管されている燃料集合体を専用クレーンでつり上げ、コンテナに載せて原子炉格納容器に移送し、原子炉内の所定の位置に入れる。

 装填後は、原子炉容器の組み立てのほか、非常用ディーゼル発電機の検査や、配管や弁からの冷却水漏れがないかの確認を約1カ月かけて行う。その後、冷却水の温度や圧力を徐々に上昇させて、原子炉を起動させる。

(4月8日10時57分)

科学・環境(4月8日)