国内外ニュース

スピード女子の菊池が引退表明 平昌団体で金「やりきった」

 所属先の報告会で現役引退を表明し、涙を拭う菊池彩花=8日、山梨県富士吉田市  所属先の報告会で現役引退を表明し、涙を拭う菊池彩花=8日、山梨県富士吉田市
 平昌冬季五輪のスピードスケート女子団体追い抜きで金メダル獲得に貢献した菊池彩花(富士急)が8日、山梨県富士吉田市で開かれた所属先の報告会で現役引退を表明した。報告会後の記者会見で「やりきった気持ちが大きい」とすがすがしい表情で語った。今後は同社に籍を置いたまま指導者を目指す意向。

 30歳の菊池は女子中長距離の中心選手として活躍し、2014年ソチ冬季五輪と合わせ2大会連続出場。右脚の腱などを断裂する16年夏の大けがから復活し、平昌五輪で快挙の一員となった。

(4月8日15時26分)

スポーツ(4月8日)