国内外ニュース

平壌で国際マラソン大会 外国人6百人参加、日本も

 平壌で行われた国際マラソン大会の参加者=8日(共同)  平壌で行われた国際マラソン大会の参加者=8日(共同)
 【平壌、北京共同】北朝鮮の首都平壌で8日、毎年恒例の国際マラソン大会が開かれた。日本人6人を含め中国や英国、ドイツなど54カ国から600人近くの外国人も参加、沿道の声援を受けながら市内を走り抜けた。

 外国人市民ランナーの受け入れは2014年から始まり、昨年は約1100人が参加したが、今年は半減した。国際的な制裁ムードや、米国が昨年9月に講じた北朝鮮への渡航禁止措置などが影響したとみられる。

 大会は故金日成主席の生誕記念日(4月15日)の祝賀行事の一環。フルマラソン、ハーフ、10キロ、5キロの4種目が行われた。

(4月8日16時51分)

国際(4月8日)