国内外ニュース

被爆2世、NPT準備委へ 長崎でシンポジウム

 シンポジウムで発言する「全国被爆二世団体連絡協議会」の崎山昇会長。左は平野伸人特別顧問=8日午後、長崎市  シンポジウムで発言する「全国被爆二世団体連絡協議会」の崎山昇会長。左は平野伸人特別顧問=8日午後、長崎市
 広島、長崎で原爆に遭った人々の子らでつくる「全国被爆二世団体連絡協議会」などは8日、これまでの活動を振り返るシンポジウムを、長崎市で開いた。協議会の崎山昇会長(59)は、スイス・ジュネーブの国連欧州本部で23日から始まる核拡散防止条約(NPT)の再検討に向けた第2回準備委員会に、代表団を派遣すると明らかにした。

 崎山さんは壇上で「核兵器の非人道性の最たるものが、放射線の次世代への影響。国際社会で人権保障を求めたい」と強調。核実験や原発事故で被ばくした人の子たちと、世界規模で連携する意向も表明した。自身を含む5人で代表団を組織する。

(4月8日19時21分)

社会(4月8日)