国内外ニュース

大谷7回無失点で2連勝 12三振、本拠地初登板

 アスレチックス戦に先発したエンゼルスの大谷=8日、アナハイム(AP=共同)  アスレチックス戦に先発したエンゼルスの大谷=8日、アナハイム(AP=共同)  アスレチックス戦に先発したエンゼルス・大谷=アナハイム(共同)  アスレチックス戦に先発したエンゼルス・大谷=アナハイム(共同)
 【アナハイム共同】米大リーグは8日、各地で行われ、エンゼルスの大谷がアナハイムでのアスレチックス戦に先発で本拠地初登板し、七回1死で初安打を許すまで打者19人を完璧に抑え、7回を1安打無失点、12三振1四球で開幕2連勝とした。チームは6―1で勝った。

 大谷は1日のアスレチックス戦でメジャー初登板勝利。打者では3試合連続本塁打中で、開幕から投打の「二刀流」で好発進している。

 ダイヤモンドバックスの平野はカージナルス戦で1―1の七回に2番手で登板し、1回を1三振などで三者凡退とした。直後に味方が勝ち越し、大リーグ初勝利を挙げた。試合は4―1だった。

(4月9日8時16分)

MLB(4月9日)