国内外ニュース

マスターズゴルフ、松山は19位 リードが初優勝

 最終ラウンド、10番でバーディーパットを外し、厳しい表情の松山英樹。通算3アンダーで19位=オーガスタ・ナショナルGC(共同)  最終ラウンド、10番でバーディーパットを外し、厳しい表情の松山英樹。通算3アンダーで19位=オーガスタ・ナショナルGC(共同)  メジャー初優勝を果たし、ガッツポーズのパトリック・リード=オーガスタ・ナショナルGC(共同)  メジャー初優勝を果たし、ガッツポーズのパトリック・リード=オーガスタ・ナショナルGC(共同)
 【オーガスタ(米ジョージア州)共同】男子ゴルフのメジャー第1戦、マスターズ・トーナメントは8日、米ジョージア州のオーガスタ・ナショナルGC(パー72)で最終ラウンドが行われ、首位から出たパトリック・リード(米国)が4バーディー、3ボギーの71で回って通算15アンダー、273で逃げ切り、メジャー初優勝を果たした。

 首位と14打差の21位から出た松山英樹は4バーディー、1ボギーの69と伸ばし、通算3アンダーの19位。小平智は21位から4バーディー、4ボギーの72で回ってイーブンパーの28位だった。

 3年ぶり出場のタイガー・ウッズ(米国)は32位だった。

(4月9日8時16分)

ゴルフ(4月9日)