国内外ニュース

F1、ホンダ復帰後最高の4位 バーレーンGP決勝

 昨季年間総合王者のハミルトン(右)を抑えて走行するトロロッソ・ホンダのピエール・ガスリー=サキール(ゲッティ=共同)  昨季年間総合王者のハミルトン(右)を抑えて走行するトロロッソ・ホンダのピエール・ガスリー=サキール(ゲッティ=共同)
 【サキール(バーレーン)共同】自動車F1シリーズ第2戦のバーレーン・グランプリ(GP)は8日、バーレーンのサキールで決勝が行われ、今季からホンダがパワーユニット(PU)を供給するトロロッソ勢でピエール・ガスリー(フランス)がホンダとしては2015年のF1復帰後、最高順位となる4位に入った。ブレンドン・ハートレー(ニュージーランド)は17位だった。

 セバスチャン・フェテル(ドイツ、フェラーリ)が開幕2連勝とし、通算49勝目を挙げた。2位にバルテリ・ボッタス(フィンランド)、3位に昨季総合優勝のルイス・ハミルトン(英国)とメルセデス勢が入った。

(4月9日9時00分)

スポーツ(4月9日)