国内外ニュース

東京円、106円台後半

 週明け9日午前の東京外国為替市場の円相場は、1ドル=106円台後半で取引された。

 午前10時現在は、前週末比51銭円高ドル安の1ドル=106円89~90銭。ユーロは12銭円高ユーロ安の1ユーロ=131円19~20銭。

 米国と中国の貿易摩擦が激化するとの懸念を背景に、ドル売り円買いの動きが優勢となった。

 市場では「米国の景気は堅調で、ドルは大きく下げにくい状況だ」(外為ブローカー)との見方があった。

(4月9日10時25分)

経済(4月9日)