国内外ニュース

JR豊肥線全線復旧に時間 熊本地震で被災、一部作業着手も

 熊本地震などで被災したJR豊肥線の復旧工事現場=9日午前、熊本県南阿蘇村  熊本地震などで被災したJR豊肥線の復旧工事現場=9日午前、熊本県南阿蘇村
 JR九州は9日、2016年4月の熊本地震で被災し不通となった熊本県の豊肥線の一部区間で行う復旧工事の様子を報道陣に公開した。昨年4月以降、周辺の安全対策が済んだ区間から順次工事に入っているが、全線復旧は見通せていない。被災から2年近くがたつ中、生活の足の再建にはなお時間がかかる。

 不通区間は肥後大津(大津町)―阿蘇(阿蘇市)の約27・3キロで線路が寸断され、駅などが損壊した。このうち昨年4月に肥後大津―立野(南阿蘇村)の一部で工事に先行着手した。他の区間でも斜面の崩落対策などが終わった部分で、土砂撤去や盛り土修復といった作業をしている。

(4月9日13時22分)

経済(4月9日)