国内外ニュース

米中貿易摩擦に懸念相次ぐ アジアフォーラム

 中国海南省で開催中の「博鰲アジアフォーラム」=9日(共同)  中国海南省で開催中の「博鰲アジアフォーラム」=9日(共同)
 【博鰲共同】中国海南省で開催中の「博鰲アジアフォーラム」年次総会は9日、経済学者や企業経営者らがアジアや世界経済の見通しについて議論した。参加者からはエスカレートする米中貿易摩擦に対する懸念の声が相次いだ。

 中国の有力経済学者である樊綱・国民経済研究所長は、米中間の摩擦は「アジア経済全体に混乱を引き起こすリスクがある」と指摘。「中国から米国への輸出製品には、韓国や日本などアジア各国から仕入れた部品が多く使われている」ため、米中間で制裁合戦になれば、アジア全体の企業に広く影響が及ぶとの懸念を示した。

(4月9日18時31分)

経済(4月9日)