国内外ニュース

首相、公文書管理で法改正検討 特別委設置も、森友改ざん巡り

 参院決算委で話す(左から)安倍首相、小野寺防衛相、麻生財務相=9日午後  参院決算委で話す(左から)安倍首相、小野寺防衛相、麻生財務相=9日午後
 安倍晋三首相は9日の参院決算委員会で、森友学園に関する財務省の決裁文書改ざんを巡り「再発防止のため、法改正も含め、見直しを行いたい」と述べた。罰則規定の新設など公文書管理法改正を求める与野党の指摘を踏まえたとみられる。真相解明に向けて国会での特別委員会設置を求める声には「必要があれば検討もしなければならない」と将来課題として排除しない考えを示した。

 一連の公文書を巡る問題に関し「一度失われた信頼を取り戻すことは至難だが、一からやり直すつもりで信頼回復に全力で取り組む」と強調した。

(4月9日18時52分)

社会(4月9日)