国内外ニュース

ハンガリー、右派与党連合が圧勝 大衆迎合、欧州で勢いも

 【ブダペスト共同】ハンガリー議会(一院制、定数199)選が8日、投開票された。選管当局によると開票は9日、98・96%まで進みほぼ終了、オルバン・ビクトル首相(54)の右派「フィデス・ハンガリー市民連盟」の与党連合が133議席となり圧勝、オルバン氏の3期目の首相就任が確実になった。

 オルバン氏は、反移民・難民、ロシアや中国寄りの姿勢で欧州連合(EU)との確執を抱える。欧州各国でも排外的ポピュリズム(大衆迎合主義)の傾向が強まる中、代表的存在の一人であるオルバン氏が勝利したことで、こうした流れが勢いづく懸念もある。

(4月9日19時41分)

国際(4月9日)