国内外ニュース

新会長に矢崎総業社長 トヨタ系部品団体が総会

 矢崎総業の矢崎信二社長  矢崎総業の矢崎信二社長
 トヨタ自動車と取引する部品メーカーで構成する団体「協豊会」は9日、名古屋市内で総会を開いた。2012年4月から会長を務めていた曙ブレーキ工業の信元久隆社長(68)が退き、矢崎総業(東京)の矢崎信二社長(71)が新会長に就任することを決めた。同日付。

 矢崎氏は総会後に報道陣の取材に応じ、自動車の電動化や自動運転技術の開発競争で部品メーカーも「大変革の時代を迎えている」と指摘。「車の将来の在り方を協豊会で議論し、積極的な提案をできる部品メーカーになっていきたい」と強調した。総会にはトヨタの豊田章男社長ら役員も出席した。

(4月9日20時40分)

経済(4月9日)