国内外ニュース

韓国の大学「ロボ兵器開発せず」 研究者グループ、絶交解除

 韓国の大学「科学技術院」がロボット兵器の開発に加わる懸念があるとされた問題で、世界の人工知能(AI)やロボット研究者のグループは9日、開発が行われないことを確認したと発表した。同技術院との「絶交」を宣言していたが、研究面の交流などを再開するという。

 研究者約60人のグループは、同技術院がAIを使った軍事技術の研究センターを2月に設置したことを問題視。「戦争を悪化させ、テロにも悪用されかねない」として今月4日、開発しないと確約するまで絶交すると宣言した。

 その後、技術院側が「ロボット兵器の開発に関わる意思はない」と表明したことが確認されたという。

(4月9日21時16分)

科学・環境(4月9日)