国内外ニュース

都道府県別に医療費設定、財務省 軽度介護の自己負担増

 社会保障改革案のポイント  社会保障改革案のポイント
 財務省がまとめた中長期的な社会保障改革案が10日、分かった。医療費や薬の調剤費として医療機関などに支払う「診療報酬」は全国一律になっているが、都道府県別の設定を推進すると明記した。介護分野は軽度の人の自己負担を増やす。11日の財政制度等審議会分科会に提案し、6月に策定する財政健全化目標に反映させたい考えだ。

 高齢化が進展するのに備え、財政支出の膨張を抑える狙い。医療費には実態として地域差があり、効率的な制度運用が期待できる半面、日本医師会などは経済性優先として反発する可能性もある。厚生労働省など政府内での調整も残っており、実現に向けて曲折もありそうだ。

(4月10日9時17分)

医療・健康(4月10日)