国内外ニュース

英ヒースロー空港の備品、競売へ 改修でターミナル閉鎖

 競売に掛けられるロンドンのヒースロー空港・ターミナル1の標識(CAグローバル・パートナーズ提供、共同)  競売に掛けられるロンドンのヒースロー空港・ターミナル1の標識(CAグローバル・パートナーズ提供、共同)
 【ロンドン共同】荷物を運ぶターンテーブル、チェックインカウンターや保安検査の機器―。英国の空の玄関口、ヒースロー空港で、改修工事のため2015年に閉鎖されたターミナル1の備品が21日にロンドンで競売に掛けられる。競売会社CAグローバル・パートナーズが9日までに発表した。

 ターミナルは1960年代後半にオープン。競売対象の中には、監視カメラやターミナルに展示されていたポーランドの芸術家の壁画、トイレや出口を示す標識などが含まれており、英メディアによると、航空マニアや途上国の空港関係者が参加する見通し。

(4月10日9時45分)

国際(4月10日)