国内外ニュース

大分で住宅火災2人死亡 1人は76歳妻

 全焼した木造平屋の住宅=10日午前9時40分ごろ、大分県由布市  全焼した木造平屋の住宅=10日午前9時40分ごろ、大分県由布市
 10日午前5時40分ごろ、大分県由布市湯布院町の無職大谷剛隆さん(81)方から火が出ていると119番があった。木造平屋約100平方メートルを全焼し、焼け跡から2人の遺体が見つかった。うち1人は妻のチヨ子さん(76)と判明。大分南署は、もう1人も剛隆さんとみて身元を調べている。

 現場はJR由布院駅の北東約1キロで、由布院温泉の旅館や店舗が点在する地域。

 近所の松尾重信さん(90)は驚きが収まらない様子。「サイレンの音が聞こえて現場に行くと、数メートルの高さの炎が上がり、真っ黒な煙が立ちこめていた」と振り返った。

(4月10日12時01分)

社会(4月10日)