国内外ニュース

EU市民権得た英国民急増 16年、前年の2・6倍超

 【ブリュッセル共同】欧州連合(EU)統計局は9日、英国が国民投票でEU離脱を決めた2016年に他のEU加盟国の市民権を取得した英国民は6555人おり、前年の2478人の2・6倍以上になったと発表した。英国がEUを去ることへの懸念が影響したとみられる。

 このうちドイツの市民権を得た人が最多で前年の4・5倍超に。次いでスウェーデン、オランダが続いた。

 欧州メディアによると、英国民はドイツの市民権取得にかかる日数が短くて済むという。

 英国のEU離脱に反対する団体は、自国民を市民権放棄や二重国籍獲得に走らせた英政府は「恥じるべきだ」と訴えた。

(4月10日10時50分)

国際(4月10日)