国内外ニュース

JR瀬戸大橋線30年の記念列車 岡山駅から松山駅へ

 「瀬戸大橋線開業30周年記念号」に出発の合図をする駅長ら=10日午前、JR岡山駅  「瀬戸大橋線開業30周年記念号」に出発の合図をする駅長ら=10日午前、JR岡山駅
 岡山、香川両県を道路と鉄道で結ぶ瀬戸大橋が開通30周年を迎えた10日、JR西日本とJR四国が岡山駅(岡山市)で記念式典を開き、約100人のツアー客を乗せた臨時列車「瀬戸大橋線開業30周年記念号」が出発した。瀬戸大橋を渡り、松山駅に向かった。

 東京都から来た会社員菅野照晃さん(45)は「高校入学前の春休みに瀬戸大橋線が開通し、初めて四国に行った。列車で瀬戸大橋を渡るワクワク感は30年間変わらない」と笑顔だった。

 瀬戸大橋線は岡山駅から高松駅(高松市)までの計71・8キロ。1988年に本州と四国をつなぐ児島(岡山県)―宇多津(香川県)が開通し、全線開業した。

(4月10日11時26分)

暮らし・話題(4月10日)