国内外ニュース

桜の通り抜け前にお年寄りら招待 造幣局の「特別観桜会」、大阪

 お年寄りらを招待して開かれた「特別観桜会」=10日午前、大阪市の造幣局  お年寄りらを招待して開かれた「特別観桜会」=10日午前、大阪市の造幣局
 大阪の春の風物詩「桜の通り抜け」が11日に始まるのを前に、大阪市北区の造幣局で10日、お年寄りらを招いて「特別観桜会」が開かれた。晴れ渡る青空の下、来場者はさまざまな品種の桜を楽しんだ。

 特別観桜会は高齢者や体が不自由な人に桜をゆっくりと満喫してもらおうと、一般公開の前日に開催している。約2500人が招待された。

 造幣局によると、今年は134品種349本の桜が並ぶ。一般公開は11~17日。平日は午前10時から、土日は午前9時からで、いずれも午後9時まで。約70万人の人出を見込んでいる。

(4月10日11時51分)

暮らし・話題(4月10日)