国内外ニュース

ボクシング、ロサレスが練習公開 比嘉に挑戦、フライ級

 公開練習するWBC世界フライ級2位のクリストファー・ロサレス=東京都新宿区の帝拳ジム  公開練習するWBC世界フライ級2位のクリストファー・ロサレス=東京都新宿区の帝拳ジム
 世界ボクシング評議会(WBC)フライ級タイトルマッチ(15日・横浜アリーナ)で王者の比嘉大吾(白井・具志堅スポーツ)に挑戦する同級2位クリストファー・ロサレス(ニカラグア)が10日、東京都内で練習を公開し「チャンスを逃さない」と初の世界戦への抱負を述べた。

 練習はシャドーボクシングと縄跳びのみ。母国では元世界4階級王者のローマン・ゴンサレス(ニカラグア)とのスパーリングをこなしてきたという。長身の挑戦者は日本新記録の16戦連続KO勝ちを狙う比嘉に対し「パワフルなボクサーだが、接近戦での打ち合いもアウトボクシングと全て想定してきた」と不敵に語った。

(4月10日17時37分)

スポーツ(4月10日)