国内外ニュース

国内の仮想通貨取引、69兆円 17年度、1年で20倍に拡大

 仮想通貨の業界団体「日本仮想通貨交換業協会」は10日、金融庁で開かれた仮想通貨を巡る研究会の初会合で、ビットコインなど主要な仮想通貨5種の国内の取引状況を明らかにした。2017年度の合計取引額は約69兆円と前年度の約20倍に膨らんでおり、市場が急拡大した実態が浮かび上がった。

 主な仮想通貨交換業者17社のデータを集計した。17年度の取引額の内訳は、現物取引が約12兆7千億円。少ない元手で大きな利益を得られる可能性がある証拠金取引などが約56兆4千億円だった。

 また通貨別では、全体の9割超がビットコインだった。取引利用者は20~40歳代が約9割を占めた。

(4月10日17時51分)

経済(4月10日)