国内外ニュース

東京円、106円台後半

 10日の東京外国為替市場の円相場は、1ドル=106円台後半で取引された。

 午後5時現在は、前日比19銭円高ドル安の1ドル=106円90~91銭。ユーロは27銭円安ユーロ高の1ユーロ=131円80~84銭。

 午前中は米議会予算局(CBO)が連邦政府の財政赤字が拡大するとの見通しを発表したことでドルが売られた。その後、10日に演説した中国の習近平国家主席が、鉄鋼などの輸入制限を打ち出した米国への具体的な対抗措置に言及しなかったことから、米中貿易摩擦への懸念が和らぎ、ドルを買う動きも見られた。

 市場では「米中の動向がしばらくは焦点となる」(外為ディーラー)との声が聞かれた。

(4月10日18時05分)

経済(4月10日)