国内外ニュース

トロリーバス廃止で記念切符 立山黒部で関西電力、15日から

 「立山黒部アルペンルート」の関電トンネルを走るトロリーバスのラッピングイメージ(関西電力提供)  「立山黒部アルペンルート」の関電トンネルを走るトロリーバスのラッピングイメージ(関西電力提供)
 関西電力は10日、富山と長野を結ぶ観光路「立山黒部アルペンルート」の関電トンネルを走るトロリーバスを今年で廃止するに当たり、記念乗車券を販売するなどのキャンペーンを始めると発表した。

 キャンペーンは15日から運行最終日となる11月30日まで。バスの画像を印刷した記念乗車券を販売したり、ロゴマークを配したラッピングバスを走らせたりするほか、最終日には引退セレモニーを開く。

 バスはトンネル内の架線から電気の供給を受け、黒部ダム駅(富山県立山町)と扇沢駅(長野県大町市)を結ぶ。コスト削減などを理由に来年4月に車載バッテリーで走る電気バスに変わる。

(4月10日18時56分)

暮らし・話題(4月10日)