国内外ニュース

生存偽装か「父は大分で不在」 鹿児島5人殺害の容疑者

 岩倉知広容疑者の自宅アパート(奥)を家宅捜索し、押収物を運び出す捜査員ら=10日午後7時35分、鹿児島県日置市  岩倉知広容疑者の自宅アパート(奥)を家宅捜索し、押収物を運び出す捜査員ら=10日午後7時35分、鹿児島県日置市
 鹿児島県日置市で男女5人が殺害された事件で、殺人容疑で逮捕された無職岩倉知広容疑者(38)が事件発覚前、父正知さん(68)の安否確認のために現場の民家を訪れた職場関係者に「父は大分へ行き、不在だ」と説明していたことが10日、捜査関係者らへの取材で分かった。県警は生存しているように偽装し、逃走を図った疑いがあるとみて調べる。

 県警によると、知広容疑者は、6日に事件が発覚する数日前、正知さんと祖母久子さん(89)を屋内で殺害し、車で運んで山林に遺棄したと供述している。

(4月10日20時57分)

社会(4月10日)