国内外ニュース

ロ朝首脳会談、開催の可能性 ラブロフ外相が言及

 10日、モスクワで会談したロシアのラブロフ外相(右)と北朝鮮の李容浩外相(タス=共同)  10日、モスクワで会談したロシアのラブロフ外相(右)と北朝鮮の李容浩外相(タス=共同)
 【モスクワ共同】ロシアのラブロフ外相と北朝鮮の李容浩外相が10日、モスクワで会談した。ラブロフ外相は記者会見で、プーチン大統領と北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長の首脳会談について「両首脳は定期的にやりとりしており、個人的接触について、適切と見なす時期に議論するだろう」と述べ、開催の可能性に言及した。

 ラブロフ氏はまた、李氏の招きを受け入れ、平壌を訪問する考えを明らかにした。朝鮮半島情勢については、正常化の途上にあると評価し、27日の南北首脳会談や5~6月上旬とされる米朝首脳会談の計画を歓迎した。

 李氏は会談の冒頭、両国は協力を強める必要があると指摘した。

(4月10日21時31分)

国際(4月10日)