国内外ニュース

覚醒剤所持容疑で誤認逮捕、愛知 3時間後に59歳男性釈放

 名古屋市中区の愛知県警本部  名古屋市中区の愛知県警本部
 愛知県警薬物銃器対策課は10日、覚せい剤取締法違反(所持)の疑いで自称名古屋市熱田区の解体業の男性(59)を誤認逮捕し、約3時間後に釈放したと明らかにした。男性は、容疑者の50代後半の男と間違えられた。

 同課によると、男の逮捕状を取り捜査していたところ、名古屋市港区にある男の立ち回り先によく似た男性が現れたため職務質問。男性が別人だと主張し、名乗らずに近くに止めてあった乗用車に乗り込もうとしたため、逃走や証拠隠滅の恐れがあるとして、午後3時40分ごろ逮捕した。

 その後、車内にあった男性の免許証を確認し、誤認逮捕と判明。午後6時半ごろに釈放したという。

(4月11日0時12分)

社会(4月11日)