国内外ニュース

宇佐美治氏が死去 岡山のハンセン病元患者

 ハンセン病訴訟での国の控訴断念を受け、喜び合う宇佐美治さん(中央)=2001年5月、岡山県邑久町の長島愛生園  ハンセン病訴訟での国の控訴断念を受け、喜び合う宇佐美治さん(中央)=2001年5月、岡山県邑久町の長島愛生園
 ハンセン病の元患者で、岡山地裁の瀬戸内訴訟で原告団の代表を務めた宇佐美治(うさみ・おさむ)氏が10日午後6時2分、入所先の岡山県瀬戸内市邑久町虫明6539、国立療養所長島愛生園で死去した。91歳。愛知県出身。葬儀は12日午前10時から同園で。

 1949年に長島愛生園へ入所。99年に国の強制隔離政策を違憲として提訴した瀬戸内訴訟で原告団代表を務めた。国に賠償を命じた2001年の熊本地裁判決に対して国が控訴を断念した際、首相官邸で当時の小泉純一郎首相と直接面談した原告の1人。その後は国の「ハンセン病問題に関する検証会議」で検討会委員を務めた。

(4月11日1時26分)

社会(4月11日)