国内外ニュース

NY原油、大幅続伸 2週間ぶり65ドル台

 【ニューヨーク共同】10日のニューヨーク原油先物相場は大幅に続伸し、指標の米国産標準油種(WTI)の5月渡しが前日比2・09ドル高の1バレル=65・51ドルと2週間ぶりに65ドルの節目を上回って取引を終えた。

 米中の貿易摩擦が世界経済に悪影響を及ぼすとの懸念が和らぎ、買い注文が膨らんだ。シリア情勢の緊迫化を背景に中東原油の供給不安が高まったことも相場を押し上げた。

(4月11日5時55分)

経済(4月11日)