国内外ニュース

バルセロナ敗退、ローマ4強 サッカーの欧州CL

 バルセロナとの試合後、喜び合うローマの選手たち=10日、ローマ(ゲッティ=共同)  バルセロナとの試合後、喜び合うローマの選手たち=10日、ローマ(ゲッティ=共同)
 【ローマ共同】サッカーの欧州チャンピオンズリーグ(CL)は10日、ローマなどで準々決勝第2戦の2試合が行われ、ローマ(イタリア)とリバプール(イングランド)が準決勝に進んだ。3季前の覇者バルセロナ(スペイン)は敗退した。

 ローマはホームでバルセロナを3―0で破って2戦合計4―4で並び、アウェーゴール数で上回った。ローマは1983~84年の前身大会以来のベスト4入りで、現行方式では初。バルセロナは3季連続の準々決勝敗退となった。

 リバプールは敵地でマンチェスター・シティーとのイングランド勢対決を2―1で制し、2戦合計5―1として10季ぶりに4強入りした。

(4月11日8時41分)

サッカー(4月11日)