国内外ニュース

FB悪用の対策不備を認め陳謝 米上院公聴会でザッカーバーグ氏

 10日、米上院公聴会で発言するフェイスブックのマーク・ザッカーバーグ最高経営責任者(CEO)(AP=共同)  10日、米上院公聴会で発言するフェイスブックのマーク・ザッカーバーグ最高経営責任者(CEO)(AP=共同)
 【ワシントン共同】米交流サイト大手フェイスブック(FB)のマーク・ザッカーバーグ最高経営責任者(CEO)は10日、個人情報の不正利用やFBを通じたロシアの米大統領選介入など一連の問題について、対策の不備を認めて陳謝した。「悪用防止に十分な対応をしていなかったのは明らかだ。私の過ちで、申し訳ない」と述べた。

 上院の司法委員会と商業科学運輸委員会の合同公聴会に出席した。サイト利用者保護のため、偽アカウントや投稿内容を確認する要員を年内に5千人増やし、約2万人にすると表明した。同問題でのザッカーバーグ氏の議会証言は初めて。

(4月11日9時52分)

国際(4月11日)