国内外ニュース

原爆症、原告の勝訴確定 国が上告せず

 広島や長崎で被爆した6人を原爆症と認めなかった国の処分は違法だとして、茨城県などの被爆者や遺族が処分の取り消しを求めた訴訟で、一審に続き全員を原爆症と認めた3月27日の東京高裁判決が11日、確定した。国が期限の10日までに上告しなかった。

 高裁は、3~14歳で被爆し、がんや心筋梗塞、脳梗塞などを発症した男女6人(うち1人は故人)について「いずれも放射線によって発症が促進されたと高い確度で言える。国の却下処分は違法だ」と判断した。

(4月11日10時06分)

社会(4月11日)