国内外ニュース

駿河湾のサクラエビ大漁 静岡・由比漁港、春の初競り

 春の漁が解禁となり、初競りにかけられるサクラエビ=11日早朝、静岡市の由比漁港  春の漁が解禁となり、初競りにかけられるサクラエビ=11日早朝、静岡市の由比漁港
 駿河湾の春のサクラエビ漁が解禁となり、静岡市清水区の由比漁港で11日、初競りが行われた。約24トンが水揚げされ、関係者からは「ここ10年の春の初漁では最多」と喜びの声が上がった。

 由比港漁業協同組合によると、1箱(約15キロ)平均約4万2千円で、昨春より約千円高かった。

 10日夕に78隻が出港。2隻一組になり、夜間、餌を求めて海面近くに浮かぶサクラエビを網で捕らえた。

 11日午前5時45分ごろ、鮮やかなピンク色のサクラエビが入った約1600箱が並び、仲買人が価格を書き込んだ紙を箱に入れて競り落とした。

(4月11日10時20分)

暮らし・話題(4月11日)