国内外ニュース

東証、午前終値2万1750円 買い先行、利益確定売りも

 11日午前の東京株式市場の日経平均株価(225種)は、前日終値を挟んでもみ合う展開となった。米国株高を好感して買い注文が先行したが、最近は上昇基調で推移していたことから当面の利益を確定する売りも出た。

 午前終値は前日終値比43円89銭安の2万1750円43銭。東証株価指数(TOPIX)は2・90ポイント安の1729・04。

 10日のニューヨーク株式市場は米国と中国の貿易摩擦が和らぐとの期待感で、ダウ工業株30種平均が大きく値上がりした。東京市場もこの流れを引き継ぎ、上昇して始まった。円相場が円安ドル高に振れたことも投資家心理を明るくした。

(4月11日12時02分)

経済(4月11日)