国内外ニュース

米海兵隊員に懲役4年、那覇地裁 飲酒死亡事故

 那覇市で昨年11月、飲酒後に米軍トラックを運転し死亡事故を起こしたとして、自動車運転処罰法違反(過失致死)などの罪に問われた米海兵隊牧港補給地区(浦添市)所属の上等兵ニコラス・ジェームズマクリーン被告(22)に、那覇地裁(柴田寿宏裁判長)は11日、懲役4年(求刑懲役6年)の判決を言い渡した。

 柴田裁判長は判決理由で「制限速度を超える高速度で赤信号を見過ごし交差点に入って事故を起こした。極めて危険で過失は重大。実刑は免れない」と述べた。

 判決などによると、那覇市の国道で、酒気帯び状態で米軍の2トントラックを運転し、赤信号を見過ごして交差点に進入した。

(4月11日12時16分)

社会(4月11日)