国内外ニュース

「ごみ撤去費不明」署名求める 財務省、森友に口裏合わせで

 衆院予算委で答弁する財務省の太田充理財局長=11日午前  衆院予算委で答弁する財務省の太田充理財局長=11日午前
 財務省が森友学園側に口裏合わせを依頼していた問題に関連し、同省近畿財務局の職員が昨年2月に「ごみ撤去費用がはっきりしない」と学園側が報告する趣旨の文書を作り、学園側に署名を求めていたことが分かった。同省の太田充理財局長が11日の衆院予算委員会で明らかにし「行き過ぎだった。好ましくない対応だった」と陳謝した。野党は、同省が繰り返し口裏合わせを試みたとみて追及を強める構えだ。

 太田氏の答弁によると、昨年2月14日にごみ撤去費を「1億円」とする報道があり、近畿財務局が森友側に問い合わせると、森友側は「全体としてはっきりしていない」と回答した。

(4月11日14時36分)

社会(4月11日)