国内外ニュース

河野氏、南北会談で拉致提起要請 ソウルで韓国外相に

 11日、ソウルで開かれた日韓外相会談を前に、握手する河野外相(左)と康京和外相(共同)  11日、ソウルで開かれた日韓外相会談を前に、握手する河野外相(左)と康京和外相(共同)
 【ソウル共同】河野太郎外相は11日午前、訪問先の韓国・ソウルで康京和外相と会談し、27日予定の南北首脳会談で、文在寅大統領から金正恩朝鮮労働党委員長に、北朝鮮による日本人拉致問題の解決を提起するよう求めた。「南北首脳会談でぜひ取り上げていただきたい」と伝えた。午後には文氏と会い、同様の要請をする考えだ。

 河野氏の訪韓は就任後初めて。康氏との会談では、北朝鮮の非核化実現に向け、日韓が緊密に連携する考えで一致した。日本外務省によると、北朝鮮が非核化への具体的行動を取らない限り、最大限の圧力を維持する方針も確認した。

(4月11日13時56分)

政治(4月11日)