国内外ニュース

女性殺害容疑で米国籍男を再逮捕 兵庫県警、切断遺体事件で

 大阪や京都で兵庫県三田市の女性会社員(27)の切断遺体が見つかった事件で、兵庫県警は11日、殺人の疑いで米国籍のバイラクタル・エフゲニー・バシリエビチ容疑者(26)を再逮捕した。「私は殺していません」と容疑を否認している。県警は殺害につながるトラブルなど詳しい経緯の解明を進めている。

 再逮捕容疑は2月16日未明、大阪市東成区のマンションにある民泊用の部屋で、首を絞め殺害した疑い。

 同容疑者は遺体をこの部屋で切断し、2月18日から21日にかけて、京都市山科区や大阪府島本町の竹やぶやトンネル、大阪市西成区の民泊施設に放置したとされる。

(4月11日17時20分)

社会(4月11日)