国内外ニュース

日中外相、15日に会談 経済対話開催も

 【北京共同】中国外務省の耿爽副報道局長は11日の記者会見で、王毅国務委員兼外相が15~17日の日程で日本を訪問すると発表した。日本外務省によると、王氏は15日に河野太郎外相と会談し、16日に貿易や投資など経済課題を議論する閣僚級の「ハイレベル経済対話」に出席する。

 王氏が3月に副首相級の国務委員に昇格して以降、来日は初めて。耿氏は王氏の訪日により「意見の食い違いに適切に対処し、中国と日本の関係改善の勢いを一段と確かなものにしたい」と強調した。

 経済対話の開催は2010年8月の北京以来、約7年半ぶり。日本側議長は河野氏、中国側議長は王氏が務める。

(4月11日19時21分)

国際(4月11日)