国内外ニュース

厚労相、労災申請認識か明言せず 野村不動産の過労死

 東京労働局が昨年12月に特別指導した野村不動産の社員が過労死していた問題で、加藤勝信厚生労働相は11日の衆院予算委員会で、加藤氏らが特別指導を裁量労働制の乱用取り締まり事例として国会で挙げていた今年1~2月、過労死が労災申請されていたことを知っていたかと問われ、明言を避けた。希望の党の岡本充功氏に「慎重に対応したい」と答弁した。

 特別指導は裁量制の違法適用が理由で、野党は裁量制の対象拡大を働き方改革関連法案に盛り込んでいた政府が、対策をアピールするためだったと批判した。

(4月11日19時35分)

社会(4月11日)