国内外ニュース

軍機墜落、257人死亡 アルジェリア

 11日、アルジェリア北部ブファリックで墜落した軍機と緊急車両(AP=共同)  11日、アルジェリア北部ブファリックで墜落した軍機と緊急車両(AP=共同)
 【カイロ共同】アルジェリア北部ブファリックの空軍基地近くで11日、同国軍の航空機が離陸後間もなく墜落し、国防省によると、搭乗していた乗組員10人を含む257人が死亡、ほとんどが軍兵士やその家族だとしている。地元メディアは墜落前に右翼から出火していたとの情報があるとしており、軍が原因究明を急いでいる。

 輸送機はモロッコ国境に近い西部ティンドゥフに向かっていた。地元メディアによると、死者にはモロッコが領有権を主張する西サハラの独立派「ポリサリオ戦線」メンバーも含まれるという。

 ブファリックは首都アルジェから南西に約25キロ離れた郊外。

(4月12日0時05分)

国際(4月12日)