国内外ニュース

韓国大統領に拉致提起要請 河野外相、南北会談巡り

 会談を前に韓国の文在寅大統領(右)と握手する河野外相=11日、ソウル(共同)  会談を前に韓国の文在寅大統領(右)と握手する河野外相=11日、ソウル(共同)
 【ソウル共同】河野太郎外相は11日午後、韓国の文在寅大統領とソウルで会談し、27日の南北首脳会談で、北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長に日本人拉致問題の解決を提起するよう要請した。両氏は、北朝鮮に「完全かつ不可逆的で検証可能な非核化」と、ミサイル放棄を実現させるため、最大限の圧力を維持する方針で一致。日韓と日米韓の緊密連携の重要性も確認した。

 会談後、河野氏が記者団に明らかにした。拉致問題を巡る文氏の回答については具体的な説明を避けた。韓国大統領府によると、文氏は「拉致問題を含む日朝間の懸案解決と日朝関係改善のため、引き続き協力していこう」と述べた。

(4月11日19時45分)

政治(4月11日)